おにぎり倶楽部

呼称

「おにぎり」という人もいれば、「おむすび」という人もいるでしょう。このように、地域や家庭によって呼び名はさまざま。では、この2つの違いは何なのか・・・みなさんご存知ですか? 「おにぎり」と「おむすび」の違いを見出すとともに、それぞれの歴史や特徴などを見ていきましょう。

「おにぎり」と「おむすび」

みなさんは「おにぎり」と「おむすぶ」、どちらの名前で呼んでいますか?日本の大部分で「おにぎり」と呼ぶのに対して、関東〜東海道にかけては「おむすび」と呼ばれています。しかし・・・同じ関東でも、東京や神奈川に関しては「おにぎり」と呼ぶそうです。他にも、「握りまま(青森県)」や「おにんこ(栃木県)」といった呼び名が存在するとか。また、「おにぎり」とするコンビニ(ローソンなど)もあれば、セブンイレブンのように「おむすび」と呼ぶコンビニもあります。このように、地域や店舗によってその呼び名はさまざま。

「おにぎり」と「おむすび」の違い

「おにぎり」と「おむすび」は形状や作り方、呼び名などさまざまな面で区別することができます。そこで、「おにぎり」と「おむすび」の違いを3つの説から見ていきましょう。どれが正しい・・・とは言い切れないので、あくまで参考程度にとどめてくださいね♪

おにぎりとおむすびの違い【形状】

古事記に出てくる三柱の神「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」と「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」、「神産巣日神(かみむすびのかみ)」は天と地が別れてはじめて現れた神様の名前です。そのうち、高御産巣日神と神産巣日神に共通する言葉「産巣日(むすび)」に注目してみましょう。これは天地万物を生み出す神霊、またはその霊妙な力を意味しています。当時の日本人は山を神格化して、その神の力を授かるために米を山型(神の形)に象って食べた・・・それが「おむすび」の始まりだそうです。よって、「おむすび」は三角形でなくてはなりません。このように、形状を問わない「おにぎり」とは根本的な違いが見られます。

おにぎりとおむすびの違い【作り方】

手製で作られたものを「おむすび」といい、「おにぎり」は道具を使って作られたものを指す・・・という説があります。よって、歴史的にも「おにぎり」の方が浅いということになるでしょう。また、これと似たような説もあります。ご飯粒を手で丸めただけで、食べているうちにボロボロとこぼれてくるものが「おにぎり」。逆に、ご飯粒をしっかり結びつくように握ったものが「おむすび」・・・という説です。ただし、これらの説に関しては「間違った区別方法」とする見方もあるとか。

おにぎりとおむすびの違い【呼び名】

おにぎりの語源は「にぎりめし(強米を握ったもの)」とされ、いつの間にか「おにぎり」と言い換えられた・・・という説があります。また、それを女房言葉(女性の丁寧な言葉)にしたものが「おむすび」だそうです。江戸時代、身分の高い女性ら(大奥など)がそのように言い換えたのでしょう。この説によると、歴史的には「おにぎり」の方が古い・・・ということになります。確かに、「おむすび」は「おにぎり」よりも上品なイメージがありますよね?

「おにぎり」の呼び名〜地方編〜

各地方によって、「おにぎり」の呼び名はさまざま。福島県では、おにぎりを木の葉で包んだことから「包子(つつこ)」と呼ばれているそうです。また、福井県では1つに合わせてまとめる(つくねる)ことから「おつくね」と呼ばれているとか・・・。他にも「じっかまま(九州の一部)」や「むっすー(静岡)」など、各地にさまざまな呼び名が残っています。各地のおにぎりに触れる・・・そんな旅行をしてみませんか?

「おにぎり」か「おむすび」、あなたならどっち?

「おむすびの日(1月17日)」を記念して行われたアンケートによると、約90%の人が「おにぎり」と呼んでいるそうです。それに対して「おむすび」と呼ぶ人はわずか9%・・・そのうち中国地方の人が約30%を占めているとか。その中国地方は、一週間のおにぎり消費量4.6個ということで堂々1位(地方別)に輝いています。ちなみに、「おにぎり」と「おむすび」とでは記念日も異なる・・・ということをご存知ですか? 「おむすびの日」が1月17日なのに対して、「おにぎりの日」は6月18日となっています。

コンテンツ
呼び名
このページをブックマークする
おにぎり