おにぎり倶楽部

歴史

他の食べ物と同様、さまざまな歴史があります。コンビニなどでも売られていることから一見新しい食べ物にも見えます・・・が、実はとても古い食べ物です。そこで、「おにぎり」の歴史を振り返ってみましょう。

初めて食べられたのは?

弥生時代後期の遺跡である「チャノバタケ遺跡(石川県)」から、おにぎりと思われる米粒の塊(炭化したもの)が出土しています。また、この炭化米には人間の指によって握られた形跡も残っていたとか。当時のおにぎりは、水分を含ませた米を笹の葉(何枚か組み合わせたもの)で円錐形に包んで茹でたものだったようです。平安時代には、コンビニなどで売られているおにぎりの原形「頓食(とんじき)」が見られるようになりました。ちなみに、鳥の卵に似ていることから「鳥の子」という別名もあったようです。この「頓食」は戦国時代の兵士や畑仕事の携帯食、また招待客へのもてなし用として活用されたとか。白米食(おにぎり)が庶民に広がったのは明治時代・・・とされていますが、厳密には戦後です。今では身近な食べ物として知られる「おにぎり」ですが、そこに至るにはさまざまな歴史があったのでしょう。

「おにぎり」と昔話

「猿カニ合戦」や「龍の子太郎」など、色んな昔話に登場しています。でも、登場する昔話といえば・・・やっぱり「おむすびころりん」ですよね?実はこのお話し、全国各地でさまざまなバリエーションがあります。もっとも有名なストーリーは、おにぎりを追いかけて入った穴に“ネズミ”がいた・・・というものでしょう。しかし、佐賀県では“宴会中の鬼”がいたという設定になっています。また、おにぎりではなく“豆”を転がした・・・という地域もあるとか。同じ昔話でも、地域によってストーリーが変わることもあります。ところで、このおにぎりは三角形だったのでしょうか?それとも、コロコロ転がるだけあってボール型だったのでしょうか・・・疑問です。

「おにぎり」とコンビニ

おにぎり=手作りという常識を覆すように、近年ではコンビニなどで手軽に買うことができます。コンビニやスーパーなどで販売されている大半は、食品製造工場の機械で大量生産されています。個別包装〜複数を詰めたパック包装まで、その形態はさまざま。また、個別包装のものは海苔を隔離することでパリパリっとした食感が楽しめるよう工夫されています。今や、コンビニやスーパーなどのお弁当コーナーを支える主力商品・・・といっても過言ではありません。それを裏付けるかのように、コンビニ業界では熾烈な競争(新商品開発や顧客獲得など)が繰り広げられています。

「おにぎり」と駅弁

1885年(明治18年)、日本で最初の駅弁「おにぎり弁当」が栃木県宇都宮駅で販売されました。黒ゴマをまぶした梅干入りのおにぎり2つと沢庵を添えて、竹の皮で包んだ・・・という非常にシンプルな駅弁です。日本独特の食文化でもある「駅弁」は、もっとも日本食らしい「おにぎり」から始まっていました。「駅弁」と「おにぎり」、両者とも時代に沿って形状は変わっていきます・・・が、人々に愛され続けていることに変わりはありません。郷土料理の代表として、「おにぎり」と「駅弁」を語り継いでいきましょう。

「おにぎり」と給食

学校給食の歴史は、明治22年・・・山形県鶴岡市の私立忠愛小学校から始まりました。貧困のために昼食を持参できない・・・という子供達のために食事が提供されたのがはじまりです。当時の給食はおにぎりと焼き魚(塩鮭など)、菜の漬物といったシンプルなもの。和洋折衷やバイキングなど、近年の給食からはかけ離れたものでした。

コンテンツ
歴史
このページをブックマークする