おにぎり倶楽部

東日本

北海道〜関東まで、いわゆる“東日本”に伝わる「おにぎり」とは一体どのようなものでしょう?呼び名や味付けなど、多方面からご当地おにぎりを見ていこうと思います。また、西日本のおにぎりと比べてみるのも面白いかも知れませんね!東日本特有のおにぎりは存在するのか・・・さっそく見ていきましょう。

北海道

北海道といえば、やっぱり「魚介系」のおにぎり・・・と思っている人。残念ながら、魚介系のおにぎりは一般的なもの(鮭やタラコ、ツナマヨなど)しか売られていません。では、一体どんなものがあるのでしょう?「ジンギスカン」や「ザンギ(鶏の唐揚げ)」など、北海道特有(名物?)のおにぎりが目に付きます。他にも、炊きたてのご飯にバターと醤油をかける・・・という北海道ならではの食べ方からヒントを得た「バター焼きおにぎり」もありますよ!ちなみに、北海道では「おむすび」よりも「おにぎり」と呼ぶ人の方が圧倒的に多いです。味付けも基本的には塩・・・ですが、醤油という地域もあります。また、番組名でも知られるように、北海道のコンビニではおにぎりを買うと決まって「おにぎり温めますか?」と聞かれます。北国ならではのサービス!と思いきや、実は全国各地(南は沖縄まで)で同様のサービスが見られるとか。

東北地方

東北地方は「米どころ」というだけあって、さまざまなご当地おにぎりがあります。しかも、「菊かおりめし(青森)」や「五目おにぎりの笹巻き(福島)」といった多種多様なものばかり。ちなみに、東北地方では三角形が多いとか。また、青森県では「握りまま」と呼ぶそうです。味付けにもこだわりがあり、塩や醤油ではなく「味噌」がお袋の味なんだとか。地方によって、さまざまな種類がある・・・これもいいところですよね!

関東・甲信越地方

この地方でも、さまざまなご当地おにぎりを見ることができます。北信越地方には、北海道でも見られなかった「海鮮系」が盛りだくさん。中でも、「イカの炊き込みご飯おにぎり(石川)」や「ウニおにぎり(福井)」なんかは興味をそそります。また、関東地方では「納豆おにぎり(茨城)」や「かんぴょうおにぎり(栃木)」など、身近な食材を用いたおにぎりが多く見られます。ちなみに、関東でもやはり「おにぎり」という呼び名が浸透しているそうです。その一方、栃木県では「おにんこ」という独特の名称も見られます。味付けには、一般的に「塩」が用いられるそうです。

東日本のおにぎりを作ろう!

ここでは、「バター焼おにぎり(北海道)」と「シソわかめ入りおにぎり(宮城県)」のレシピを紹介しましょう。とても美味しい・・・だけでなく、簡単なのでみなさんもぜひ作ってみてください♪

バター焼おにぎり

【材料】*1人分

ご飯2膳、かつお節・バター・醤油各適量

【作り方】

  1. 温かいご飯にかつお節と醤油を混ぜ、おかかおにぎりを作る。
  2. バターを熱したフライパンに1を入れ、両面色よく焼き上げたら出来上がり。

シソわかめ入りおにぎり

【材料】1人分

ご飯2膳、シソの実10g、塩蔵わかめ10g、白いりゴマ少々

【作り方】

  1. 塩蔵わかめは塩気を残すようにサッと洗い、細かく刻んだらシソの実とゴマを混ぜる。
  2. 温かいご飯に1を混ぜ、丸く小さなおにぎりを握ったら海苔を巻く。
  3. 2の上からさらにご飯を握りつけ、大きなおにぎりにしたら出来上がり。
「ふるさとおにぎり100選」とは?

これは第25回「農林水産祭」記念事業の一環として、特別展示「ふるさとおにぎりまつり」を実施するために行われた選考です。1986年、食糧庁(現:農林水産省)と「ふるさとおにぎり百選審査委員会」によって全国から応募されたおにぎりや混ぜご飯の中から100点が選定されました。ちなみに・・・実際、選定されたのは132点です。全国にはさまざまな特産物があり、その多くはおにぎりと深い関わりがあります。特産物の数だけおにぎりがある・・・といっても過言ではないでしょう。

コンテンツ
東日本
このページをブックマークする